W洗顔不要クレンジングのメリット・デメリット

W洗顔不要クレンジング

以前までは、メイクをした顔を洗うためには、W洗顔が必要とされていました。その理由はメイクと肌の汚れでは落とす成分が異なるからという理由によるものです。

 

メイクを落とすクレンジングは肌の汚れを落とすことができず、また反対に肌の汚れを落とそうとすると、メイクが落とせなくなってしまうために、W洗顔が必要とされていました。

 

しかし現在では一度のクレンジングで、メイクも肌の汚れも両方落とせるものが販売されているのです。それがW洗顔不要のクレンジングです。

 

それではW洗顔不要のクレンジングには、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

W洗顔不要のクレンジングのメリット

まずメリットとしては、ひとつめに肌に負担をかけないということがあげられます。
このような洗顔料などは、肌の汚れやメイクを落とすために二度も洗顔をすると、肌には大きな負担となっています。また落とす際の肌の摩擦も気になるところです。
しかしW洗顔不要のものを選べば肌への負担も少なくすむのです。

 

そして時短も大きなメリットとなります。忙しくて早く眠りたいという時でも、一度の洗顔で済むので時間を有効につけるでしょう。

 

W洗顔不要のクレンジングのデメリット

それではデメリットにはどのようなことがあげられるのでしょうか。それは商品によっては、肌の汚れとメイクの両方を落とすために、洗浄力が強いものもあります。選ぶ際には負担の少ないものを選ぶとよいでしょう。

 

W洗顔不要クレンジングは洗顔料として使えるのか、使う場合の注意点とは?

W洗顔不要クレンジングは、その名の通りメイクを落とした後に洗顔料で洗う必要のない便利なアイテムなのですが、使う場合の注意点としていくつか押さえておかなければならない点があります。

 

メイクとは油性である場合がほとんどですから、落とすには油性のクレンジングで洗う必要があります。そしてW洗顔不要のタイプはメイクだけではなく水性の汚れを落とすために強力な洗浄力をもっており、加えて界面活性剤を使用していることがほとんどですから、しっかりと洗い落とさなくてはならないのです。

 

メイクだけでなく皮脂やその他の汚れを落とせる反面、洗い残すと肌に負担のかかってしまう成分ですから、W洗顔不要クレンジングを洗顔料として使用する場合はそこを意識しなければいけません。

 

クレンジングを使用して感じる点としてはヌルヌルした質感が水で洗い流した程度ではなかなか消えないことですが、W洗顔不要のタイプでもこういったことはよく起こります。そのままにしておくとやはり肌に負担がかかってしまいますから、やはり洗顔料で洗い流すことを行ったほうが無難ではあります。

 

また肌質も重要な要素で、これまでに界面活性剤によるトラブルを経験している方は使用を控えた方がよいでしょう。

 

W洗顔不要クレンジングで肌に優しいクレンジング

マナラ・ホットクレンジングゲルはダブル洗顔不要のクレンジングです。そのため落とし過ぎによる肌の乾燥を防ぐことができます。

 

石油系界面活性剤や着色料、合成香料、鉱物油、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤などの添加物は無添加で肌に優しく、たっぷりの美容成分が入っているので肌を乾燥させることなく汚れを落とすことが可能です。

 

>> マナラホットクレンジングゲルの口コミまとめ