ジェルクレンジングの特徴と適したメイクや肌質

ジェルクレンジングの特徴

オイルやクリーム、ローションなど様々なタイプのクレンジング剤がありますが、人気が高いのがジュエル状のクレンジング剤です。

 

ジェルクレンジングの特徴は、トロッとしたなめらかな手触りで肌なじみがたいへん良いため、摩擦が少なく肌の負担を軽減しながらメイクオフができます。
また、オイルやクリームと比べて油分が少ないのでその分界面活性剤の含有量が少なくなっています。

 

油分の多いクレンジングを使うと洗い上がりのべたつきが気になったり、ついゴシゴシと擦ってメイクオフをしてしまう方もいるかと思いますが、肌に余計な刺激を与えると肌荒れやニキビの悪化の原因になるので、できるだけ肌に刺激を与えないようにすることが大切です。

 

ジェルの特徴によってメイクに合わせられる

ジェルクレンジングを使用するメリットとしては、軽いタイプのメイクにおすすめの水性ジェルタイプとしっかりメイクにおすすめの油性ジェルタイプがあるので、メイクの状態に合わせて選ぶことができることで、水性タイプのものは、オイルフリーであることからまつ毛エクステを付けている方でも使用することが可能です。

 

まつ毛エクステをいかしたナチュラルメイク派の人にぴったりのクレンジング料です。

 

油性タイプは、オイルをジェル状にしたクレンジング料ですのでメイクの落ちがたいへん良く、濃いメイクを摩擦をしないで落としたい方におすすめです。
どちらもさっぱりとした感触なのでべたつきが苦手な人でも使いやすいクレンジング剤です。

 

ジェルクレンジングの種類別、適したメイクについて

ジェルクレンジングには上述しているように主に水性タイプと油性タイプの2種類が存在し、さらに水性の中でもオイルが入っているものと入っていない物があります。

 

水性タイプ

水性タイプでオイルの入っていないジェルクレンジングが適しているメイクは、リキッドファンデーションやウォータープルーフを使っていないナチュラルメイクです。
最も肌に優しいタイプですが、洗浄力は弱めなので濃いメイクの方には適していません。敏感肌や乾燥肌など、刺激に敏感になっている肌質の方に適しています。

 

オイルインの水性タイプ

オイルが入った水性タイプは、メイク汚れを落とす界面活性剤に加えて油分を少し配合することで、洗浄力を増しているタイプです。通常のメイクならば問題なく落とせ、使い心地とメイク落ちの両方に優れています。

 

市販されている多くのジェルクレンジングは、このタイプです。

 

油性タイプ

油性タイプは、オイルをジェル状にしたクレンジング剤であり、他のタイプより優れた洗浄力により、濃いメイクを落としたい場合に向いています。
主成分がオイルなので、肌への吸着力が強いリキッドファンデーションや、水に強いウォータープルーフのマスカラも落とすことが可能です。

 

>> マナラホットクレンジングゲルの口コミまとめ

 

マツエクOKで温めてメイクを落とす人気クレンジング!