しわ対策 クレンジング

MENU

しわ対策のためのクレンジング方法と選び方

しわ対策のためのクレンジング

しわ対策のためのクレンジング方法の手順をご紹介します。

  1. まずクレンジングはメイクの汚れや油分を浮かせて、洗い流すというものですから、顔や手は乾燥した状態で使うのが大切なことです。すすぎの水で乳化させることで洗い流しますから、濡れた状態では先に乳化が始まりますので、充分な効果は得られません。
  2. クレンジング剤はたっぷりとコットンに取り、Tゾーンからはじめます。クレンジング剤が少ないと時間がかかるうえに、肌を擦り、効果が得られませんので、たっぷりとつけてください。Tゾーンは最も油分が多いところですから、最初にクレンジングを馴染ませ、しっかりと油分を浮かせます。
  3. それから、Uゾーン、目元、口元の順にクレンジングを馴染ませていきます。目元や口元は油分の少ないところですから、クレンジング剤をつける時間は短時間にします。
  4. 最後にもう一度顔全体に伸ばします。この一連の手順は、30〜40秒ほどで終えます。
  5. すすぎは、体温程度の温度で、素早く油分を洗い流します。

 

もうひとつしわ対策で重要なことは、クレンジング剤は洗浄力の高い界面活性剤の入っていないものを使いましょう。
クレンジングオイルなどは洗浄力は強いのですが、刺激が強すぎ、肌にダメージを与えます。

 

拭き取りタイプも摩擦が刺激になり、さらに強力な界面活性剤が使われています。

 

しわ対策には肌に刺激を与えずに、優しくすることが大切です。

 

しわ対策のためのクレンジング剤の選び方

毎日メイクをする場合、クレンジングは欠かせないものです。間違ったクレンジングを選ぶと肌の潤いやセラミドを奪うことになりしわの原因にあるため、クレンジング剤の選び方でしわ対策も可能なのでクレンジング剤の選びは大切ですね。

 

ベースメイクに合わせて洗浄力を合わせる

しわ対策のためのクレンジング剤を選ぶ際のポイントは、メイク落としはベースメイクに合わせます。
洗浄力と肌への負担は比例しています。ベースメイクが濃い日と薄い日はクレンジングを使い分けると良いです。

 

ポイントメイクやアイメイクは専用クレンジングを取り入れる

またアイメイクとベースメイクは別物と考えてアイメイクを落とすためのクレンジングは肌への負担が大きいため、アイメイクを落とす専用のクレンジングを使います。

 

クレンジングの種類肌の状態に合わせて穏やかなタイプがおすすめ

肌へのダメージが少ないのは乳液やクリームタイプですが、汚れを落とすのに時間がかかることがあり、オイルタイプは化粧汚れを落とすのに適していますが、界面活性剤が多く含まれていることが多いです。

 

しわ対策であれば界面活性剤の少ないものや不使用のもので、アルコールを含まないタイプが良いものです。

 

クレンジング選びに加えて、クレンジング方法に気を配りましょう

しわ対策の洗い方は手のひらではなく指先を使います。手のひらは力が入りやすいため強く洗いがちです。

 

クレンジングで強く洗うこと毎日の積み重ねが3年後や10年後などしわの原因となります。

 

洗い流す時のポイントは常温に近い30度程度のぬるま湯を使います。

 

熱いお湯ですすぐと必要な皮脂も落としてしまい、必要な皮脂が落とされてしまうと肌の乾燥につながります。

 

しわ対策でのクレンジングで大切なことは毎日メイクをしっかりと落とすことです。
メイク以外のホコリなど目に見えない汚れも肌にはついているため、帰宅したらクレンジングでメイクを落とすことが大切です。

 

>>TOPページへ

 

ホットクレンジングでこすらずにメイクオフ!

 

マナラホットクレンジングゲル公式サイトへ