敏感肌 クレンジング

MENU

敏感肌に適したクレンジングとは?

敏感肌に適したクレンジング

肌は毛穴の中にある皮脂腺から分泌される皮脂によって覆われ、外気からの刺激や有害物質などから肌を保護しています。しかし洗顔を頻繁に行ったり、刺激の強いクレンジング剤などを使用することによって、皮脂を失い肌が乾燥して、少しの刺激にも反応してしまう敏感肌になります。

 

クレンジング剤はメイク汚れを落とすため強い洗浄力があり、さらに手の平で肌をこすることによってさらなる肌への刺激が生まれます。
クレンジング剤にはメイク汚れを中和する界面活性剤が利用されていますが、拭き取りタイプのように気軽に落とせる種類ほど、洗浄力が強い傾向にあります。

 

そのため、敏感肌の人は、比較的肌に優しいミルクやクリームなど、界面活性剤が少なく配合されているタイプがおすすめです。

 

ポイントメイクは専用のリムーバーを使い、顔全体は界面活性剤の少ないタイプを使うと汚れもきちんと落とせます。また、石油系の界面活性剤よりも、自然由来の界面活性剤の方が刺激が少ない傾向にあります。

 

敏感肌や乾燥肌の人に適した、保湿成分配合のクレンジング剤も存在します。

 

洗顔後の保湿ケアで速やかに水分補給

洗顔後はきちんと保湿ケアを行うことが重要です。化粧水だけでなく美容液で肌の成分を補い、乳液やクリームで成分が逃れないように蓋をしましょう。敏感肌を悪化させないためには、乾燥を防ぐことが重要です。

 

無添加クレンジングを使うメリットと選ぶ時の注意点

一般的に無添加クレンジングというのは石油由来や鉱物由来の成分や香料、着色料、保存料などが入っていないものを言います。こういった着色料や保存料などの成分は敏感肌の方ですとお肌への刺激となり肌トラブルの原因ともなりますので出来れば添加物が入っていないクレンジング剤を選ぶことをお勧めします。

 

他にも無添加クレンジングを使用するメリットとしては化学成分が入っていない為活性酸素が発生しにくく、アンチエイジングにも繋がりますしお肌への負担をかけないのでシワやシミなどの原因にもなりにくいという点が挙げられます。

 

無添加に惑わされないためのポイント

このように無添加クレンジングを使用するメリットは多々ありますが、注意点としては無添加の表記に明確な基準が実際には設けられていないという事です。ですからパッケージには無添加と記載されていても4項目くらいの成分が配合されていないだけで、実は乳化剤や石油系の界面活性剤などが配合されている場合もありますので選ぶ時はどのような添加物が入らずに無添加と記載されているかを確認してから購入すると良いでしょう。

 

また無添加クレンジングと記載されていても市販のオイルクレンジングの場合は特に界面活性剤が多く配合されている場合もありますので敏感肌の方は要注意です。

 

7つの無添加で肌に優しいクレンジング

マナラホットクレンジングゲルは着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール・パラベン、紫外線吸収剤不使用の無添加クレンジングです。
さらに温感作用が得られるホットクレンジングで、肌をこすらずにメイクや汚れを落とせるため負担をかけず、こすらずにメイクが落とせる敏感肌の方にもおすすめのクレンジングです。

 

また、ダブル洗顔不要のクレンジングですので、洗顔の回数を減らせるメリットもあります。

 

マナラのホットクレンジングには、セラミドやヒアルロン酸、スクワラン、ハチミツなどの保湿成分が贅沢に配合されています。さらに、スーパーマイクロコラーゲンやダイズ種子エキス、ザクロ果実エキスなどが肌の弾力を保ちます。

 

医薬品に使う技術力を使って化粧品を作っているため、高い品質を維持しています。クレンジングなのに、使い心地が美容液のようだと、多くの女性から高い評価を受けています。

 

>>TOPページへ

 

 

マナラホットクレンジングゲル公式サイトへ